MENU

カードローンの振込キャッシング

今日中にお金が必要になったというとき、キャッシングの即日融資や振込キャッシングを利用すれば申込をした日にお金が借りられます。
最近の消費者金融や銀行カードローンは、申込をした当日にお金が借りられるキャッシング会社が増えいるので、金利や審査、サービスなどで比較して利用するキャッシング会社を決めましょう。

 

[振込キャッシングとは]

キャッシングでお金を借りるときはキャッシング会社からカードを発行してもらい、そのカードを使って、コンビニATMなどからお金を引き出すという方法でしたが、最近はインターネットから申込ができるところが増え、インターネットから申込をし、契約が終わればすぐに指定の口座へお金が振り込まれ、自分のキャッシュカードを使ってお金を引き出すという方法が多くなっています。
振込キャッシングはカードが不要で申込をするために店舗へ行く必要がなく、24時間いつでもどこからでも申込ができるので、時間の取れない人や近くに店舗がない人にとって大変便利な方法です。

 

[即日融資が可能な業者を選ぶ]

即日振込してもらえる業者を選ぶときは、まず当日中に確実に振り込んでもらえるかよく確認することで即日振込の締め切り時間はそれぞれのキャッシング会社で違いがあり、即日振込が可能な申込み時間は意外と早く、銀行へ振込をしてもらうためには遅くとも銀行の営業時間内に契約を終えていなければ振込ができません。
ですから、即日振込をしてもらうには何時までに契約が終われば振込が可能なのかを明記しているところを選ぶことも重要になります。

 

銀行カードローンに案外多いのですが「即日審査可能」と書いてあるところがあります。
気を付けなければならないのは審査は即日おこなわれるでしょうが、本申込書や契約書が郵送になる為書類を返送してカードを送ってもらうには1週間から10日を要するところがあります。
また「即日融資可能」としておきながら、カードローン審査に時間がかかるため、申込み当日に借りられない業者で、「即日振込も可能」とだけあり締め切り時間が書いていない場合は、むこうの都合で翌日になることもあります。

 

急いでいるからといって即日融資が可能なところならどこでもよいというのは考えもので、、契約をしてしまったあとから、もっと条件のよいところがあったのにと、後で後悔しないためにも申込をする前に金利などを比較してみることも重要です。

ネット銀行のカードローン

ネット銀行とはインターネット上ですべての取引ができる銀行のことで、ほとんどのネット銀行は店舗や設備を整える必要がないので、経費がかからないため預貯金などをしていると高金利で預けることができます。
ネット銀行にもカードローンがあり、最近はその利便性から利用者が増えています。

 

[ネット銀行の利便性]

一般にネットバンクと言えばネット専業の銀行と考えているかたも多いですが、一般の店舗型銀行のネットバンキングサービスなどを含めて広い意味でネットバンクと言われています。
その場合「○○支店」といった名前を付けて通常の支店とは切り別けています。
店舗型の銀行のネットバンキングサービスは普通に口座を持っているひとがネット上で振込みや決済を可能にしたものでネット専業の銀行よりもサービスの面では、ある意味充実しています。

 

ネット専業のネット銀行の場合はなんといっても手数料が魅力で、振込みに掛かる手数料が店舗型に比べて安く設定されていたり、1カ月の利用回数を決めて手数料無料で振込ができるので一年を通して振込みの多い人には結構な金額を得することにもなります。
また引き落としや振込みの予定日を前の日の夜に気が付いたときでもネットバンクは24時間営業なのでコンビニATMから振込めるので安心です。

 

[ネット銀行のカードローン]

ネット銀行のキャッシングは、有名なところでは住信SBIネット銀行の「Mrカードローンプレミアムや楽天の楽天銀行の「スーパーローン」、新生銀行のカードローン「レイク]、ジャパンネット銀行のカードローンなどその数行があり、それぞれに特徴があるので自分の生活状況に応じたカードローンを選ぶことができます。

 

たとえば、住信SBIネット銀行の金利は現在最も低く低金利でお金を借りたいときはおすすめで、楽天銀行カードローンは楽天カードと連携しているのでカードローンを利用してもポイントがたまるというおすすめのサービスが受けられます。
また新生銀行のカードローン「レイク」やジャパンネット銀行のカードローンは即日融資が可能なうえに無利息期間サービスもあり、無利息期間をつかえばおとくなキャッシングができます。